施術前後の目元ケア

女性

施術前の過ごし方

美容整形の施術を受けるときは、どうしても施術当日やその後のケアに注目しがちですが、前日の過ごし方もとても重要です。万全のコンディションで施術を受けるためにも、注意点を頭に入れておきましょう。まず1つ目は、施術の前日は飲酒をしないようにすることです。飲酒をした翌日は、顔や目元がむくんでしまうことがあるため、美容整形の施術効果が十分に得られない可能性があります。むくみを避けるためにも、施術前日は飲酒をせずに早めに就寝するようにしましょう。口コミでも見かけますが、寝不足も目元のむくみに繋がるので、睡眠時間はしっかりと確保してください。次に2つ目の注意事項ですが、美容整形を受ける際に必要な持ち物を準備しておきましょう。特に施術費用を医療ローンで支払いたい方は、いくつか必要なものがあるので要注意です。身分証明書以外にも、銀行のキャッシュカードや通帳、届出に使用した印鑑がないと手続きができないので、忘れずに準備してください。また、二重まぶたの美容整形を受けた後は、すぐにコンタクトレンズを着用することができません。そのため、普段コンタクトレンズを着用している方は、眼鏡を持参するようにしましょう。

施術後の注意点

二重まぶたの美容整形を受けた後は、日常生活に戻るまでのダウンタイムが必要です。施術後、まぶたに内出血が起こることもありますが、1~2週間で治まってきます。埋没法の場合は翌日からメイクすることができるので、目元のメイクを工夫すると目立たなくなります。口コミサイトには「内出血が引くまでの間は普段より少し濃いアイメイクにした」「赤系や紫系のアイシャドウなら目立ちにくくなる」などの口コミもありましたので、参考にしてみると良いでしょう。切開法の場合は1週間ほどメイクができないので、それまでの間は素顔で過ごすか、仕事上難しい場合は長期休暇中に施術を受けるように調整してください。また、施術後に痛みや腫れが起こることもありますが、こちらも1週間ほどで落ち着きます。熱っぽさを感じる場合は、濡らさないように注意しながら冷やすようにしましょう。次に、多くの方が着用しているコンタクトレンズですが、施術後は目元を休ませる必要があるので、着用を控えなければなりません。埋没法の場合は施術からおよそ2日後、切開法の場合は抜糸後から着用できます。それまでの間は、眼鏡で過ごすようにしましょう。ほかにも、埋没法・切開法共に施術から1ヶ月経つまでは激しい運動を控える必要があります。運動をすると血流が良くなるため、施術箇所に内出血が現れたり腫れやすくなったりするので、医師から指定された期間内は激しい運動を控えるようにしましょう。また、強いフェイスマッサージも1ヶ月ほどは控えてください。目元を刺激してしまうと、施術箇所に凹凸ができてしまったり、きれいな二重にならなかったりすることが考えられます。ときには痛みが出たり腫れたりすることもあるので注意しましょう。施術後は、とにかく目元を刺激せずに休ませることが重要です。口コミでもありましたが、施術当日は長時間のテレビ視聴やスマートフォンの使用を避けるようにするなど、いくつか医師から指導があります。「目を休ませるために、施術後は音楽を聴いたりラジオを聴いたりして過ごした」というように、施術後の過ごし方に関する口コミもあったので、ぜひ参考にしてみてください。きれいな二重のラインを定着させるためにも、注意事項は守るようにしましょう。

Copyright© 2019 【口コミでも人気の二重整形】好きな二重のタイプを見つけよう! All Rights Reserved.